2020年10月23日

※「改造」など楽器関係で検索された方へ

従来「右カラム」にて提示していた、私の意見をこちらにまとめておく。
なお、他のエントリと同様に文体表現は常体に変更した。


続きを読む
posted by bluesmith at 00:00| 楽器 | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

【エレアコ Legend FCO のチューンナップ】

前回、国産高級グレードのエレアコに触れてみて構造や工作の確かさを再認識した。
では海外生産モノはどうなっているのだろう。日本のよく知られたブランド名を背負う以上は技術的なノウハウは継承してしかるべきものであり、「価格以上の品質」を誰もが望むと思われる。
そこであちこち通販サイトを巡ったが、ひと目でコレだ!と思わせてくれるようなギターはあまりなく、大抵は "Dスタイル" 系統らしき形状。私はドレッドノートは好きではなく、"OOOスタイル" ならと考えていた。
国産ブランドの中では「マカフェリ」のような変わり種までラインナップしてるAriaに、期待通りの製品があった。

R0012881a.jpg
モデル名:FCO-STD、カラー:N 約¥17,000-で購入。
公式サイトの商品ページはこちら



続きを読む
ラベル:FCO
posted by bluesmith at 11:30| Comment(0) | 楽器 | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

【アコギのフレット打ち換え】

久しぶりにアコギ。
友人経由のイベントに参加した縁で出会い、依頼された主訴は「フレット打ち換え」。
その時点で「摺り合わせ」で済むレベルを越えて打ち換えが必要だと自覚されていた。
ハイポジションは減っていないし指板の状態にも特に問題が見られなかったので、12Fまでなら安価で請け負えると伝えていた。

R0012859a.jpg

サイド/バック/ネックがメイプルで構成された2008年モデルのタカミネ100シリーズ。型番としてはおそらくDMP-100になるのだろう。



続きを読む
ラベル:MTK
posted by bluesmith at 01:00| Comment(0) | 楽器 | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

【D5100 + SIGMA17-50/F2.8 で桜】

現在はメイン機にNikon D5100を使用。
純正ズームレンズではなく、旧式純正28mm/F2.8をAFが効かないことを承知で同時に購入したが、衰えた視力にほぼ素通しのスクリーンでは厳しいと感じて次は純正50mm/F1.8Gを手配。外装デザインがノーマルよりも好みの、Df向け限定モデルを選択。
積極的にボケを意識できる75mm相当の軽量で明るいレンズ、速く静かなAFで使い勝手がいい。
DXフォーマット(APS-Cサイズのセンサ)では広角側にハンデがあり、また経験として28mm前後の画角は欲しいので価格的にも迷いつつSIGMAの旧ライン品17-50/F2.8ズームを選んだ。
新しい17-70/F2.8-4の方が性能的に上ということも分かっていたが、望遠域よりも明るいアドバンテージを優先。
25mm〜75mm相当、これはコンデジでも標準的な画角であり使い慣れたGX200とほぼ同等ながらより高画質が得られるという意味がある。

あちこち出歩いてみて、やや重いこのレンズが大正解だった。
R0012790a.jpg
続きを読む
posted by bluesmith at 13:00| シャシン | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

【F SGのレストア】#2

前回はネックまわりを中心に作業を進めた。
引き続き電装系、ボディ各部の詰めを行い組み立てる。
なお、本件も『改 造』ではなく、本来の姿に戻すこと(=レストア)を目的としている。

R0012670b.jpg


続きを読む
ラベル:FSG
posted by bluesmith at 20:00| 楽器 | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

【F SGのレストア】#1

今回はフェルナンデス製の古いSGモデル。
外観チェックをしながら各部の処置を詰めて作業していく。
何分にも古く、弾かずにしまっておいたギターと思われチェックポイントは多岐に渡り、これを現在のライヴに使える標準的レベルにまで手を入れる工程を記す。
いくつかの段取りでまとめているつもりだが、同時進行の工程もあって作業順序通りには記載していないのでそう解釈していただきたい。

IMG_2840b.jpg
さてメーカーが発行してきたカタログアーカイブを見ることができる。
'73年に登場しているものは詳細不明。'77年にFSG-58/FSG-75が確認できる。今回の依頼機はGroverペグ搭載なので上位モデルFSG-75と判断。'78年Vol.1ではFSG-65となるがアピールポイントだったペグについての記載もなく、形状から見てクルーソンタイプに変更されたようで、ヘッドロゴも異なっている。'80年にもFSG-65として続くが以後特に変更されてはいないと推測される。


続きを読む
ラベル:FSG
posted by bluesmith at 16:30| 楽器 | 更新情報をチェックする