2013年06月03日

格安ストラトのチューンナップ #1

標準的な構成のストラトをセットアップ。
しかし、旧来の手法そのままを "再現" することは大手メーカーに任せたい。
古い楽器そのものについて思い入れは全くなく、高価で買えない貧乏人のひがみだろうととられても否定しない。
発案者などイノベイターとして尊敬しているし、それを解析し更なる改良を目指した先達も同様である。
プレイヤーでもコレクターでもなく、自らの手で楽器を活かすことこそ私のやるべきことだと自負している。
だから、オリジナルについて詳しく知りたい方には役に立たないことしか書けない。

そこに意味を見い出せないので、現在の目で見て修正すべき箇所は全て手を入れる。
私はこれを『改 造』とは考えていない。
より適した品質のパーツを選択換装し、楽器本来の姿に近づけることが目的。
クルマで喩えるならば、廃車同然の中古車を引き取ってノーマル状態に戻し車検を通すようなもの。そしてレースに出そうという感じである。
極太タイヤを履かせシャコタンやら竹槍やらでドレスアップ?することではない。

続きを読む
posted by bluesmith at 12:45| 楽器 | 更新情報をチェックする