2017年08月15日

【アコギのフレット打ち換え】

 久しぶりにアコギ。依頼された主訴は「フレット打ち換え」。
 知人経由のイベントに参加した縁でお会いし、その時点で「摺り合わせ」で済むレベルを越えて打ち換えが必要ということをご本人が自覚されていた。ハイポジションは減っていないし指板の状態にも特に問題が見られなかったので、12Fまでなら安価で請け負えると伝えていた。

R0012859a.jpg

 サイド/バック/ネックがメイプルで構成された2008年モデルのタカミネ100シリーズ。型番としてはおそらくDMP-100になるのだろう。


続きを読む
posted by bluesmith at 01:00| 楽器 | 更新情報をチェックする