2020年03月13日

【東京マルイ デトニクス】

 GLOCK19を調子良く作動させるという口実で、未知であるガスブローバックを知るため中古品をオークションで購入。
 傑作モデルガンのひとつである「GM5」と呼ばれるMGCのガバメントモデルが大好きでバリエーションを何梃も購入して色々と手を加えたりメカ的にも実物大模型としておおいに楽しませてもらった。それが故に、外形そのままガスガン化したもののトリガーとハンマーが実銃と全く異なって連動するGM6に落胆してしまったのが離れる原因にもなった。
 そのMGCも消え、現在はあの頃「作るモデルガン」で参入した東京マルイの天下である。
 内部機構を詳細に知っているガバであれば問題をこれ以上増やさないだろうとSNS上で「ガバ買うなら何がいい?」と尋ねたら勧められたのが、コンパクトなデトニクス。GM5時代にも貰った1丁があって火薬を装填して遊んでいた。

 外観をあちこちカスタム化する必要もないのでシルバーモデルに決め、オークションの相場をチェック。黒¥6,000-/銀¥7,000-が最低ラインで、中には通常市販価格と同じかそれ以上の提示さえある。当然ながら落札価格は変動し、タイミングを逃すと悔いが残る。
 外観画像でマガジン傷程度の個人出品があり、ショップ出品での黒モデルと同額だったので入札。競うこともなく落札した。直後にほぼ無傷でちょっと安価な出品もあったが見なかったことに。

R0013258a.jpg


続きを読む
posted by bluesmith at 22:55| 雑記 | 更新情報をチェックする