2015年11月28日

USB3.0 HDDを導入

MBPも3年になり、ストレージ容量に余裕がなくなってきた。
起動ドライブのSSDが240GB中13GB空き、データドライブとして使っているデフォルト内蔵HDDが750GB中8GB空き。
過去には内蔵ドライブを交換して容量増加をしていたが、現在は外付けドライブの方が容量当たりで安価になっている。
現状で約1TBなのでその2倍は欲しいところ、主流と言えるUSB3.0接続で探すと値段も落ち着いている。
3TBと迷ったが、「リファービッシュ」と記載された出物の2TBを発見して購入。
これは初期不良でメーカーに戻された商品を再チェックし合格したもの、いわゆるB級品である。

続きを読む
ラベル:Mac
posted by bluesmith at 22:45| Mac & Devices | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

クロスバイク FRD-920 ディスクローター交換

ホイールの回転に伴ってブレーキが鳴る。
よくあること、でもあるが特にフロントが気になってしまう。
ディスクローターの異常は見た目では分からないが、歪んでいるかも知れない。
摺動面の厚さを測ると1.8mm、アームより内側は1.9mmなので磨耗具合としてはまだ使えるがこちらだけローターを交換することにした。サイト上カタログを保存したアーカイブには ”DF02-16 Wave Rotor” と記載。外して測ると105g、最外周は綺麗に面取り研磨されていた。
このローターは現在でも好ましいデザイン。

R0012278a.jpg

続きを読む
ラベル:FRD
posted by bluesmith at 17:45| Bike | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

クロスバイク FRD-920 フォークのメンテとクランク交換

回転系部品のベアリングは摩擦を軽減するためのもの。
ゼロにはならず、いつかは劣化してしまう。
トルクを掛けて踏み込んだ時に異音、その感触にも異常を感じていた。

またフロントフォークもサスペンションの動きが悪く、これらをまとめてメンテナンス。

R0012253a.jpg

続きを読む
ラベル:FRD
posted by bluesmith at 19:30| Bike | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

クロスバイク FRD-920 RD破損→交換

RDのブラケットが破断した。
異変に気付いて確認するとチェーンがロー側にオーバーランしたらしく、スプロケから脱落してスポークと噛んだまま引っ張られた状況。アウターワイヤーもキャップが破損し、そこに収まるべき端部もバラけていた。
噛み合いを外して押して帰宅。近所だからまだ助かった。

R0012121a.jpg


続きを読む
ラベル:FRD
posted by bluesmith at 22:30| Bike | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

【Swinger レプリカ】#1

"Musiclander" と呼ばれることもあり正式な名称もない一時的なカタログ外モデル、その存在を知ってから欲しいと思っていた。
不人気機種の在庫整理のため急造、にしてはアンバランスさを感じない非対称デザインのボディと三角形状のヘッドが強烈な印象を与える。
CBS期以前のメジャー機種とは違ってオリジナルも手が出ない価格とは思えないが、その成り立ちからして生産数が限られており有名なショップでも見かけたことはなかった。

ならば作ってしまえ、とラインナップに揃えているWarmothから材を購入する予定も後回しになっていた。


続きを読む
posted by bluesmith at 18:00| 楽器 | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

表面実装型マイクロUSBコネクタの交換修理

iPhone用オプションである充電式アダプタを知人のお嬢さんが壊したらしい、とのことで「修理できる」と判断して依頼を受けた。
電機メーカーにて表面実装基板ハンダ付け修理の経験もあり、パーツさえあれば問題ない。
ところが、そのマイクロUSBコネクタ(Type-Bと呼ばれるもの)で引っ掛かった。

家庭用のコンセントや、基板に設置された "挿し込まれる" 側を「レセプタクル」と呼ぶ。「ジャック」とは通常、丸穴の端子を指す。
蛇足ながら、「ポ ー ト」とは外部機器接続用に設けられた筐体の "穴" である。

数百円〜千円程度で買えるケーブルの損傷であれば買い換える方が簡単で安く確実なことは言うまでもない。細かく面倒な作業であり、それ以上の価値があるとは思えない。
両端の端子を用意して高品質(=高価)な線材を使って "自 作" するならまだ分かるが、費用対効果の点で一般的とも言えず、その意欲がある方は既に実行されてるだろう。

機器内コネクタが損傷した場合、製品保証があって修理依頼の手段があるならば無償期間経過後でも手を着ける前にメーカー及び販売店へ問い合わせることが確実な手段。
ケータイなどでは依頼品を個別に修理せず、組み立て済み基板をアッセンブリー(もしくは一式新品で)交換して対応している。
今回の場合、購入後保証の責務を負う側の判断として「ユーザの扱いにより発生した不具合なので有償で新品交換(つまり、買い換えろ)」となってしまうので請け負うことにした。
当然、事後の動作保証も考慮しなければならないので不確定要素は排除。足を延長するとかパーツ再生など無茶なことも御法度。
スキルも持たない者が自己使用のため興味本位で行うのも自由ではあるが、失敗すると修復不能になり全てがゴミと化す可能性が高い。

R0012152a.jpg
左がZX62R-B-5P、右がZX62-B-5PAで下部中央に接続用に幅0.4mmの足が0.65mm間隔で5本並んでいる。
比較用に置いた中央のICは穴開き基板に挿してハンダ付けを手で行う一般的な8ピンDIPパッケージ、足の間隔は2.54mm(=1/10インチ)。

なお、「ハンダ」とは溶かして接合させる金属材料のことであり、
加熱する工具は『ハンダごて』
その作業は『ハンダ付け』である。
これら用語を全部混同されている乱暴な方も見られるのが残念。
また、配線している部分は "板" であるから「基板」が正しい。
"〜盤" の熟語では「物事を成立させるための基礎となるもの」という意味、これは義務教育で習得されたはず。物体の名称ですらなく間違えてはいけない。

以下に標準的と思われる工程を述べるが、誰にでも簡単にできる作業とは思えないのでご自分で判断を
真似されても当方は関知せず、クレーム及び要望などは一切受け付けない。
続きを読む
ラベル:electronics
posted by bluesmith at 20:00| クラフト | 更新情報をチェックする