2013年12月14日

【VOX AC4C1 mini BL】

私はプレイヤーではないので大きなアンプは必要としていない。
チェック用に小さなトランジスタアンプを使ってきたが、クリーンサウンドではいいものの歪ませた場合には納得していなかった。
クランチの美味しい音を求めると、エフェクタではやはり限度はある。
しかし例えばメタル系の深く歪んだ音であれば、それなりのエフェクタで作っておいてアンプ側はクリーンのセッティングにすると楽だったりもする。

KORGがVOXブランドを扱い出したのはそんなに古い話ではないが、私はあまり興味がなかった。
アンプヘッドが1万円程度と格安だったが売り切れで入手困難になり、スピーカ付きのコンボアンプもあったことを知る。真空管アンプとして自作するよりも安価。
10インチスピーカ搭載モデルの方がギターアンプとして音質的にもバランスがいいはずだが、コンパクトで安価な6.5インチモデルに決定。公式サイトはこちら

R0011823a.jpg
爬虫類の皮革のような質感の青いクロス貼り、アイボリーのアクセントカラーが効いたハンドル。
このデザインは好印象。

続きを読む
posted by bluesmith at 16:00| 楽器 | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

【F Jazz Bass】のチューンナップ

依頼されたのは、現行モデル "CLASSIC SERIES '60S" と思われるジャズベ。
予想していた通りの作りで、輸入品とはいえやはりコストパフォーマンスが良くない印象は拭えない。

DSC_0244a.jpg

他のエントリと同様に、ここに記述した内容も本来の姿に戻すことが目的であり、「改 造」とは認識していないので悪しからず。
にも関わらずそのような検索が非常に多い。検索サイトでサジェストされてしまうらしいが私にはどうしようもない。
内容は主に「修理」であるから、おそらく期待には応えられそうにないと思われる。
こちらに提起しているので、そもそもの定義からよく考えていただくことを希望する。

続きを読む
posted by bluesmith at 12:00| 楽器 | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

特別展『深海』

10/6最終日に行って来た。

R0011815a.jpg
これは常設展示の「淡水魚の化石」、横幅2m以上もある大きな一枚岩。

続きを読む
posted by bluesmith at 12:45| 雑記 | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

格安ストラトのチューンナップ #2

続き。重大な問題で悩むこともなく、いつも通りの作業で完成。

DSC_0163a.jpg
続きを読む
posted by bluesmith at 07:20| 楽器 | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

格安ストラトのチューンナップ #1

標準的な構成のストラトをセットアップ。
しかし、旧来の手法そのままを "再現" することは大手メーカーに任せたい。
古い楽器そのものについて思い入れは全くなく、高価で買えない貧乏人のひがみだろうととられても否定しない。
発案者などイノベイターとして尊敬しているし、それを解析し更なる改良を目指した先達も同様である。
プレイヤーでもコレクターでもなく、自らの手で楽器を活かすことこそ私のやるべきことだと自負している。
だから、オリジナルについて詳しく知りたい方には役に立たないことしか書けない。

そこに意味を見い出せないので、現在の目で見て修正すべき箇所は全て手を入れる。
私はこれを『改 造』とは考えていない。
より適した品質のパーツを選択換装し、楽器本来の姿に近づけることが目的。
クルマで喩えるならば、廃車同然の中古車を引き取ってノーマル状態に戻し車検を通すようなもの。そしてレースに出そうという感じである。
極太タイヤを履かせシャコタンやら竹槍やらでドレスアップ?することではない。

続きを読む
posted by bluesmith at 12:45| 楽器 | 更新情報をチェックする